News

お知らせ
  • 2020.03.18
  • blog
     
  • インフラエンジニアとして入社して3年。

  • こんにちは。東京インフラグループのOgawaです。

    今回は私が入社してから
    どのような経験が得られたかをお話したいと思います。

    私が新卒で入社した時は、まだ創業して3年目の会社ということもあり、
    技術研修などはなく、社会人のマナー研修のみで、すぐに現場配属となりました。
    (現在はちゃんとした技術研修があるので安心してください!)

    現場に配属されたばかりの時は、
    自分以外の周りの方がどういったことをしているのか、
    よくわかっていませんでした。

    しかし、少しでも何をしているのかわかるようにと、
    ドキュメント精査や、イベントログの採取などの仕事を
    割り振っていただいたので少しずつ理解を深めることが出来ました。

    その後も1年目は同じ現場の方に助けてもらいながら、
    知識向上、現場理解をメインに仕事をさせて頂きました。

    2年目では春までOffice365の運用・保守業務を行い、
    夏からはオンプレミスからクラウド上(Exchange Online )への
    メールボックス移行作業をメインで行いました。

    2年目の夏に初めて自身がメインで作業を行うことになり、
    とっても緊張しましたが、一緒に作業をした方や、
    手順やスクリプトを作成してくださった方など、
    色々な方の支えの上で、ミッションを遂行することができました。

    3年目ではOffice365関連サーバーの移設作業を行いました。
    要件定義や基本設計・詳細設計等を行うための、
    サーバー知識が必要となり、
    1年目や2年目で勉強していたことが上手く活かせました。

    この3年間を振り返ってみると、本当に多くの方々に支えられて
    少しずつステップアップさせて頂き、なんとか仕事をしてくることが出来ました。

    今は将来的にこれから入ってくる方々の支えになれることを目指しています!

    今度は私が、入社する皆さんを支えていきますので、
    ぜひ一緒に成長していきましょう!