News

お知らせ
  • 2020.08.31
  • blog
     
  • 【2020年新入社員シリーズ⑦】新人インフラエンジニアの紹介!

  • こんにちは!
    テクノエージェント人事採用グループです。
    今回も大好評の新入社員シリーズをお届けします!

    ***********************************
    ■自己紹介をお願いします!

    今年新卒で入社したエンジニアのTです。
    私はインフラ系の専門卒でインフラ部門として入社いたしました!
    本日はよろしくお願いします!

    ■学生時代、どんなことを学んでいましたか?

    学校では、主にCCNAとLinuxの勉強をしていました。
    勉強をしていたといっても、
    資格を取るのがメインという勉強方法ではなく、
    主に実機を使ってネットワークの構築を行ったり、
    サーバの設定を行ったりといった実習メインの学習が多かったです。

    卒業研究ではファイアウォールなど様々なセキュリティソフトを使用して、
    どのソフトや機器がどの攻撃に対して有効なのかという検証を行いました。

    このように一文で書くと、簡単なように見えますが、
    実際は機器の用意、ソフトのインストールから設定まで全て行います。

    論文だけでなくプレゼンのために
    HTMLで作った資料も用意しなければならなかったので、
    何から何まで初めてのことでとても大変でした。

    ■入社後、どんなことをしていますか?

    入社後一ヶ月はLPICの研修がありました。
    研修の内容はLPIC lv1の資格取得のための勉強でした。
    学校では実習メインだったものが、
    研修では座学メインだったので新しく学べたものもありとても勉強になりました

    現在は某情報通信会社のヘルプデスクの業務を行っていますが、
    実の所まだ一度も常駐先の会社には出社していません…。

    その代わりテクノエージェントに週1日は出社して
    在宅ではなかなか学べない、「会社で働く」ということを学ばせてもらっています。

    ヘルプデスクの業務では、
    ある専用開発ツールの使用方法や不具合などの問い合わせに対して、
    解決方法を調べて回答をするといったことをしています。

    案件の内容がまだ理解出来ていなかったり、知識が浅いこともありますので、
    現在はこの業務を通じてJSONとLinuxの知識を深めています。

    もっと知識が深まる、出社できるようになったら
    今よりレベルアップした業務にも取りかかることができそうです。

    ■現在就職活動をしている学生にアドバイス!

    去年はオリンピックの影響もあり、就職としては売り手市場でしたが、
    今年はコロナの影響でとても厳しく大変な思いをされている方も多いと思います。

    私はインフラエンジニア以外の事はほぼ何も知らないので
    他の業種の事は言えないのですが、
    今からインフラエンジニアになりたい方は資格の勉強だけでなく、
    実機や仮想マシンを使った実習を行うことをおすすめします。

    実際に知識だけ付けてもいざ触ってみるとなると、
    機器によってコマンドは違いますし、想像以上に上手くいかないことが多いと思います。

    元々インフラの勉強を行っている方は、コミュニケーション力をつけていけば、
    就職先は見つかると思うので卒業まで頑張ってください!

    最後になりますが、就職活動が上手くいっていなかったり、
    卒業が厳しいと感じるなら友人に頼るのが
    一番の近道かもしれないと私は思っています。
    恥ずかしがらずに頼って話を聞いてもらったり、色々と情報交換をしたりしてみましょう!

    皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!


    マイナビ2021