News

お知らせ
  • 2020.05.29
  • blog
     
  • 私の趣味/ゲーム制作

  • こんにちは。名古屋SI部エンジニアのSです。

    今日は私が趣味で続けている ゲーム制作についてお話ししようと思います。

    ひとえに「ゲーム」といっても、そのジャンルは千差万別。しかし・・・

    ・ハリウッド俳優そっくりなキャラクターが出るアクションもの
    ・コミカルで可愛らしいマスコットが出てくるパズル系のもの
    ・トランプなどのカードもの
    すべて同じ「ゲーム」です。

    プログラム言語やプラットフォームに違いはあれど、
    しっかりとした設計が行われなければ、どれも良い品質では作れません。

    ではどんなものを設計すればよいのか。
    今回はゲームの企画にスポットを当てて、例を書いていきます。

    まず、私がいつも最初に決めるのは、タイトルでも登場キャラクターでもなく
    ゲーム1本のシナリオをものすごくシンプルに収めることです。

    例えば、思いつきでとりあえず、

    「記憶喪失の男が、自分の過去に苦悩しながら世界を救う。」
    とだけ、設定を考えます。

    いかにもありがちな設定ですが、
    最初はとにかく深く考えないことが重要だと思っています。

    ここからどんどん細かな設定を継ぎ足していきます。

    ・男は悪名高い無能な王子だった
    ・人々から「表情」を奪った悪い魔女がいる
    ・魔女に魂を分解されたことで記憶喪失に
    ・自身の改心を民に示しつつ、魔女を倒す旅に出る

    こうやって、初めにスタートとゴールを決めておくと
    全体をイメージしつつ、細かい設定を考えていくことができます。

    いきなり序盤の話をゴリゴリに考えると、
    開発が先に進まない事への焦りや不安が生まれ、
    結果挫折してしまいます。
    これはゲーム制作に限らず、どの職種にも言えることかもしれません。

    と、ここまでゲームの話ばかりしてしまいましたが、
    ゲームに限らず、色々な企画や開発について語り合える同志が
    一人でも多く増えてくれると嬉しく思います。

    それでは、またテクノエージェントでお会いしましょう。