News

お知らせ
  • 2019.10.18
  • blog
     
  • 【2019年新入社員シリーズ⑤】入社から半年

  • 初めまして。
    大阪支社の新卒エンジニアのWです。

    私がプログラミングに興味を持ったのは学生時代でした。
    理由はいたって単純で、自分の思い通りに動いたときに喜びを感じられるからです。
    (同じような人は結構いるのではないでしょうか)

    最終的に大学では、機械学習についての卒業研究で、
    モノクロの写真からカラー写真に変換する方法について調べたのですが
    その中でもプログラムに触れる機会が沢山ありました。

    卒業後も何かプログラムに携わる仕事をしたいと思い
    就職活動を進める中で、テクノエージェントへの入社を決めました。

    現在は、電子カルテシステムの業務に携わっており、
    最近では直接ソースコードに触れてシステム障害を修正する仕事などもしています。

    一から自分で書くのとは違い、膨大な量のコードに修正を入れることの難しさや、
    現場での決まったコードの書き方など、
    学生時代には考えてもいなかったことを業務で行わなければならず
    思わずPCの前で腕を組んで唸ってしまうこともあります。

    それでも、やっぱり思い通りに動けばうれしいもので、
    少しずつ自分の中で仕事の楽しみを見つけられているのかな、と感じる今日この頃です。
    (怒られてしまうこともありますが)

    さて、仕事の話はこの辺にして、ここからは私の趣味の話をさせていただきます!

    趣味は、【新入社員シリーズ③】を書いた同期のTさんと同じく、イラストを描くことです。
    絵を描くこと自体は昔から好きで、小さい頃は絵画教室に通っていた時期もありました。

    今までは、主にゲームやアニメ、漫画に出てくるようなモンスターを描くのが好きで
    人を描くことはあまりなかったのですが、ブログに掲載されたTさんの絵に感化され
    たまには人の絵を描いてみよう!と、今回チャレンジを開始しました。

    ところが、意気込んで始めては見たものの、
    次第に「これ、自分に全然向いていないな・・・」という思いが募り始めたのです。

    人物を描くとき、明らかにいつもよりペンの進みが悪い・・・。
    「才能」や「センス」など言い方は色々あると思いますが、とにかく向いていない。
    直感的にハッキリと「不向き」を感じてしまったのです。

    しかし、だからと言って、つまらないと思っていたわけではなく
    描いていく中で「楽しい」と感じる瞬間はありました。

    今まであまりやったことのない塗り方や描き方を試す過程で、様々な発見があったからです。
    普段よく描くものでも試してみよう!とも思いました。

    常々感じていたことではありますが、今回こうしてチャレンジする中で
    「不向き」だからと言って安直に「しない」という選択をしてしまうのは
    勿体ないことだな~と、改めて感じました。

    仕事に置き換えて考えてみても、苦手と感じる業務でも真剣に取り組む中で
    必ず得るものはあるはずで「不向き」の一言で遠ざけてしまっては
    今回のように新しい発見や気付きも無いからです。

    そんなことを感じながら、苦労して完成させた絵を今日ここで皆様に披露!
    ・・・できればよかったのですが、結局はまだ完成に至っておりません(笑)

    今も描き続けている途中なのですが、いつか皆さんにご紹介できればと思っています。

    長くなってしまいましたが、これからも趣味に仕事に精進して参りますので
    今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!